オーバーローン
オーバーローンとは

きちんと条件を満たせば問題なく売却することも可能

オーバーローンとは該当の不動産の資産価値(価格相場)よりもローンの残高の方が高い状態を表します。
オーバーローン=住宅ローンの残債>売却価格
例えば住宅ローンが残り3,000万円に対し、売却価格が2,500万円といったようなケースをさします。
オーバーローンの物件に対してローンを貸している銀行が売却を認めない抵当権を解除しないということも発生します。抵当権とは宅ローンが払えなくなった場合の担保として、金融機関が土地と建物にかける権利のことです。リスクがついてしまうとなかなか買ってくださる方が現れないことが現実です。
しかしきちんと条件を満たせば売却することはできます。その条件とは、何をすればとご不安な方は是非一度ご相談ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 売却を検討しているが、ローンを全額返済できそうもない
  • 残債がいくらなのか把握できていない
  • 離婚が原因でローンの返済を一人で賄わなくてはいけなくなった
  • そもそもオーバーローンって何?

オーバーローンの解決策

任意売却

任意売却

任意売却とは、債権者である金融機関の同意を得たうえでオーバーローンの物件を売却する手続きのことです。
売却で得た代金のすべてをローン返済に充て、不足分は引き続き返済していくという流れになります。
住み替えローン

住み替えローン

住み替えローンとは売却後に残ってしまったローンと新たな物件を購入するためのローンを合算し支払っていくローンのことです。オーバーローンの状態であってもローン金額を増額させることで新しい物件を購入することが可能となります。
しかしながら金額が増加するため審査が厳しくなり、落ちてしまうという可能性も十分考えられます。また今後の返済計画をしっかりと立てていくことも重要となります。
AdobeStock_205982791_R

無担保ローン

無担保ローンとはオーバーローンになっている部分を抹殺することができるローンのことです。
無担保ローンは住宅ローンやカーローンとは異なり目的が定まっていないため債務者が自由に使用できる反面、金利が高くなる可能性が高いというデメリットもございます。また金融機関によっては無担保ローンを取り扱っていない、また審査に通らない可能性も視野に入れつつしっかりと下調べをし確認して参りましょう。

皆様の状況を把握し臨機応変にご提案いたします